名古屋市・安城市に店舗をかまえる安心の事業!塗装、給湯器、食洗機等の住設機器販売・交換取付工事専門店

有限会社セーフティーライフ

  • 年中無休 365日対応! 9:00~19:00tel:0120-799-750
  • お問い合わせはこちら
HOME > 外壁塗装とは

外壁塗装とは

住まいの顔ともいえる大事な外壁。美しく見せるデザイン的な役割をもつ一方、紫外線による劣化や、風雨や気温の変化などからブロックして家を長持ちさせるために施すのが外壁塗装です。
塗り替えは早め早めの対処が後々の耐久年数向上の可能性や、工事費用の削減にもつながります。

塗り替え時期について

こんな症状がでたら塗り替えの時期のサインです!

  • チョーキング大きい画像で見る

    01.チョーキング

    長い間、雨風、太陽熱や紫外線等にさらされて劣化により塗膜が粉上になっており、手で触ると白い粉のようなものがつきます。かなり防水性が悪化している証拠となります。壁全体の問題で、長期間放っておくと、外壁が腐ったりしてきてボロボロになりますのでクラックよりも緊急度は高いといえます。

  • シーリングの切れ大きい画像で見る

    02.シーリングの切れ

    紫外線や風雨等の刺激により、シーリングの劣化は進みます。シーリングに亀裂が入ったり、簡単にはがれてしまったりする状況は、かなり劣化が進んでいます。シーリングが切れてしまうと、その切れ目から雨水等侵入してしいまい、建物本来の防水効果が発揮できず、建物内部に悪影響がでてしまいます。

  • 変色・退色大きい画像で見る

    03.変色・退色

    紫外線、温度、湿度、酸性雨、接触する物質などの原因が複合して塗料に劣化が生じると起こる現象です。中でも太陽に含まれる紫外線によって塗料の組織は破壊されやすく、塗膜は光沢を失い、変色・退色が始まります。現在塗ってある塗料の寿命が近いことを示しています。

  • クラック(ひび割れ)大きい画像で見る

    04.クラック(ひび割れ)

    外壁のひび割れのことです。外部の力(地震など)により構造躯体が動いたために起こる場合や、ゆがみによる場合など、原因は様々なことが考えられます。そのまま放置すると、そこから雨水などが入り、内部を腐らせたり、錆びさせたり、躯体の耐久性を著しく落とす危険性があります。

  • 塗膜のはがれ大きい画像で見る

    05.塗膜のはがれ

    経年劣化により塗膜の付着力が失われると、塗膜がはがれてきます。経年劣化による原因だけではなく、下塗りの工程がしっかりと行われていない状況でも起こりうる現象です。

  • サイディングの浮き大きい画像で見る

    06.サイディングの浮き

    サイディングボードが浮いてきてしまう原因としては、サイディングボード自体の劣化というより、シーリングの劣化を放置してしまったことに起因する場合がほとんどです。シーリング劣化部分から雨水や湿気等が入り込むことによってボード自体に膨らみをもたらし、浮き上がってしまうのです。

  • 鉄部のさび大きい画像で見る

    07.鉄部のさび

    建材の材質が金属(鋼製)である以上、ある程度の時期が過ぎれば錆の発生は間違いなく起こります。雨、風等の自然環境により、鉄が参加することを一般的に錆と言います。錆を放置し、広がってしまうと、建材自体の強度を失ってしまい腐食化が進んでしまいます。

  • カビや藻が見られる大きい画像で見る

    08.カビや藻が見られる

    塗膜本来の効果が落ち、外壁事態に湿気を含んでしまっていたり、腐食が始まっていると、カビや藻が繁殖します。風通しの悪い箇所や日当たりの少ない個所をチェックしましょう。

工事工程の流れ

工事中はとにかく普段通りの生活を

こちら、よくお客様よりご質問頂く内容です。その度に、私どもはこう答えます。「とにかく普段通りの生活をなさってください。」
足場がかかっているというだけでも、お客様にとってはストレスであろうと私たちは考えます。
養生時の窓開けが制限されたり、シーリング施工後の数日は触れられぬよう気を付けていただいたり、塗布後はしばらく匂いがあったりと、ご不便をおかけする場面が少々ございますが、施工時には都度しっかりとご説明をさせていただきます。

  • 01.近隣住民さまへごあいさつ

    01.近隣住民さまへごあいさつ

    工事着工日決定後、工事のご連絡・ご了承を頂く為、近隣住民様へご挨拶に伺います。
    工事前にしっかりと近隣住民様にご納得頂けるよう、根気よく何度でもお伺いいたします。
    スムーズに工事が運ぶよう弊社でしっかりと対応いたします。

  • 02.工事着工・足場組立

    02.工事着工・足場組立

    お客様のご希望日に合わせて、着工日が決定、万全の態勢で、いよいよ着工です。
    まずは、お家まわりに仮設足場を立てます。足場を建てた一部に、弊社の看板シートを張らせていただきます。
    責任ある仕事と、万が一の際の連絡先を明記する為、役立たせて頂いております。

  • 03.高圧戦争・水洗い

    03.高圧戦争・水洗い

    クリーンジェッタ―という『高圧洗浄機』にて外壁や屋根を洗います。
    水道水で洗う『水洗い』と薬品投与による『バイオ洗浄』と二種類あります。
    110~130kg/㎠圧にて汚れを落とします。門と塀・土間や車庫の床も同時に洗います。高圧洗浄は雨天でも作業可能な為、天候による作業延期はありません。

  • 04.下地形成(シーリング)

    04.下地形成(シーリング)

    劣化したシーリングをペンチやカッターなどでしっかり除去後、汚れや埃を取り除きます。
    次に、プライマー(シーリング材の接着剤)シーリング剤の密着をよくします。深い目地には、目地の中にバックアップ材を入れます。浅い目地にはボンドブレーカーを入れ、シーリング剤が二面接着でしっかり埋まるように充填します。
    充填後は、繊細熟練のテクニックでならし、美しく仕上げます。

  • 05.下地形成

    05.下地形成

    外壁のひび割れ処理、注入工事、ケレン補修、欠損部の成形作業等、塗装をする前の一番重要な作業に入ります。
    この作業をおろそかにすると、近い将来に再度補修しなければならなくなり、工事の致命傷になりかねませんので、慎重丁寧な仕事を心掛ける場面となります。
    塗装工事において一番重要な工程であり、弊社の技術を確信して頂ける工程でもあります。

  • 06.養生作業

    06.養生作業

    塗装しない箇所をすべて養生、マスキングします。美しいラインを出すための重要な作業工程です。
    しかし、この時点でお客様はベランダやバルコニーの使用ができなくなってしまうため、なるべくご迷惑を最小限に、最短で工程をこなせるよう心掛けております。何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。

  • 07.屋根塗装

    07.屋根塗装

    屋根材に応じて塗料と工程は変わります。調査報告書にて皆さんと同じように一番びっくりされるのが、こちらの屋根です。普段、よく見えない部分ですから当たり前ですよね。直射日光に当たり、傷みの激しい屋根。
    まずは、しっかりと下塗り剤でならして、上塗り剤を劣化状況に応じて数回重ねていきます。
    ※現場により、工程順序に変動あり

  • 08.軒天井塗装

    08.軒天井塗装

    軒天井の塗装に入ります。軒天井の素材が『ケイ酸カルシウム板』の場合は、外壁と屋根にどんな塗料をご選択されても、『カチオン形アクリル樹脂塗料』の使用となります。
    それ以外の素地の場合は、また違ったご提案をさせて頂きます。軒裏の『結露防止』のため、『静電接着』をおすすめしております。

  • 09.外壁の下塗り

    09.外壁の下塗り

    適材適所、その壁に最も合う下塗り剤を、お客様のご理解のもと当社が選択し塗布します。外壁塗装の下塗りはとても重要な作業です。全ての下塗り剤は、薄めずに塗布します。

  • 10.外壁の中塗り

    10.外壁の中塗り

    弊社ご提案の塗料で塗布します。中塗りは、下塗りと上塗りの中間に塗りつける層の工程であり、平滑な下地を作ることや、上塗り材の補強が目的となります。塗ったすぐにはなかなかわかりませんが、何年後かの塗料の”持ち”にとっても影響してくる工程となります。

  • 11.外壁の上塗り

    11.外壁の上塗り

    いよいよ外壁の上塗り開始です。弊社の判断で劣化の激しい箇所を確認した場合は、2回、3回と丁寧に塗り重ね、しっかりと耐久性を確保します。価格に変動は一切ございません。ご安心ください。

  • 12.付帯部塗装

    12.付帯部塗装

    雨戸、樋、戸袋、破風、鼻かくし、庇、配管、水切りなど外壁にまつわる全てのものを付帯部とし塗装致します。ただし、銅板製、アルミ製、ステンレス製、ガラス製のものや基礎コンクリート、レンガ、タイル等は付帯部に含まれません。この部分に関しては、事前に明確なご説明をさせて頂いております。

  • 13.雑工事&もう一塗りサービス

    13.雑工事&もう一塗りサービス

    お家全体の見直しを行います。足場があるうちに点検を行い、手を入れていきます。飛び出た釘や緩んだビス、隙間、樋の内側、タイルのズレ、網戸の破れ等など、掃除を含め、最終点検を行います。
    お庭の木部、外階段、玄関ポール等の「もう一塗りサービス」も、だいたいこのあたりの工程で施工させて頂きます。

  • 14.足場撤去・周辺清掃・仕上げ点検

    14.足場撤去・周辺清掃・仕上げ点検

    足場を解体したら終わりではありません。この日に、最終的な周辺清掃と目線より下の外壁の直し、点検を行います。荷物等の移動と車庫内、周辺道路の掃除を行い、工事工程はすべて完了となります。

  • 15.完了報告・保証書発行
    ⇒末永いおつきあいへ

    15.完了報告・保証書発行⇒末永いおつきあいへ

    全ての工事が無事に完了した事を、自信を持ってお客様へご報告いたします。近隣住民様への完了報告もさせて頂きます。
    完了報告後、保証期間スタートとなり、ようやくお客様との末永いおつきあいのスタートです。

末永いおつきあいの始まり

工事完了でおしまい!…ではございません。ここからが、ようやくお客様とのおつきあいの始まりです。
今後、何かお困り事やご相談な等がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
完工後のアフターケアこそ店の真価なり、と考えております。

代表の想い

セーフティーライフ代表:田村友宏

僕は、比較的若い時期に社会人の仲間入りをはたし、これまでずっと大好きな住まいに関わるお仕事をさせてもらってきました。
今まで、何千軒、何万軒もの住まいを見てきました。
家って、いいですね。家はそのご家庭、住んでいる方々の顔ですね。
僕の頭の中には、これまで何千軒、何万軒と関わってきたその一軒一軒の住まいに、オーナーであるお客様のお顔がはっきりと浮かびます。それくらい、お一人おひとりのお客様としっかり向かい合い関わって参りました。
そのお顔の一つ一つは、ご満足の笑顔だけではないのも確かです。お叱りを頂戴したことも一度や二度ではありません。でも、その度に、しっかりと向き合ってご納得いくまで寄り添い、とことん対処していく、これが僕のスタイルなんです。原点なんです。
このポリシーだけは、今後、どんなことがあっても変えるつもりはありませんし、変えることはできないと思います。

住まいの顔は、一つとして同じものなんてありえません。ですから、100軒あれば100軒それぞれに対応も違います。違わなくてはならないんです。住まいの傷み具合も、本当にそれぞれです。日当たりの良い南面だけを重点的に・・・なんて、そんな単純な話ではありません。
塗料の選定一つ、色の選定一つ、塗布の仕方一つ、どれをとっても、その家々に合ったものを都度吟味し、入念な計画を練り上げます。
これこそが「塗想壱スタイル」と言われるものなのです。

塗想壱番屋は、こんな強い想いを胸に刻む少々頑固な私を中心として、賛同してくれるスタッフ達と共に、皆々様のおかげでここまでやって参りました。
今後も一人でも多くのお客様が、安心と快適な暮らしをこの先、何年何十年も過ごしていただけるよう、「一軒一軒に想いを込めて、一塗り一塗りに想いを込めて」誠心誠意のお手伝いをさせていただきます。

PAGE TOP