名古屋市・安城市に店舗をかまえる安心の事業!塗装、給湯器、食洗機等の住設機器販売・交換取付工事専門店

有限会社セーフティーライフ

関西ペイント様のリフォームサミット店に選ばれています
  • 年中無休 365日対応! 9:00~19:00tel:0120-799-750
  • お問い合わせはこちら
HOME > 弊社のこだわり

私たちが月に10棟以上塗装をしないこだわり私たちが月に10棟以上塗装をしないこだわり

高い耐久性の塗装をするには、やはり職人の腕にかかっています。 15年、20年と塗装の耐久性を長持ちさせるには、やはり自社の職人でなければなりません。 そのために自社の職人が、完璧な塗装ができるスケジュールを取ると、5組の職人チームを従えていますので、しっかりと向き合っていくには、原則1チームにつき月2棟としています。そのため、月に10棟までしか施工することができません。それ以上の塗装に関しては、質を落とす可能性があり、期待をされてご依頼頂くお客様を、下請け会社に出すようなことは絶対にしたくありません。
私たちは18年間、お客様からの信頼とご紹介で塗装専門店として、仕事をしてきました。 これからも、「質にこだわり続ける」という姿勢は変えようと思いませんので、ご依頼を受けられる件数を制限させて頂いております。
当社での塗装をお考えの際は、まずお早めに一度ご連絡頂ければ幸いです。 その時にご依頼頂いているお客様との関係で、すぐに塗装をすることはできないかもしれません。 ご連絡を頂いた順に、現場調査を行い、施工をさせて頂いております。

  • こだわり

    家々にあった塗料を都度選定!ここにマニュアル化はありません!

    一軒一軒、傷み具合と相談したり、外壁材、屋根材を見ながらお客様宅の現状とこれからにとって最適な塗料を都度吟味、調整します。よって、弊社のお見積り提出には少々お時間をいただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。

  • こだわり

    養生&下地形成こそ全ての肝!

    養生をしっかり行うことで、美しいラインが作られます。下地形成をしっかり行うことで、塗料の密着性や耐久性を向上させます。何事も上辺だけでは意味がない…ということです。

  • こだわり

    付帯部にはフッ素を塗布!

    外壁を何で塗ったとしても、付帯部はフッ素塗料を用います。外壁はまだ再塗装の必要ない状況なのに、付帯部だけがボロボロ…なんて、美観も然り、それだけに足場を掛けるのももったいないことです。
    付帯部を耐久力抜群のフッ素で塗布しておけば、まず間違いないと長年の経験から判断しました。

  • こだわり

    中塗りは色を変えて塗布!

    上塗りの色をどのような色にして頂いても、一つ前段階の中塗りは、上塗りと似たような色で少し色を変えて塗ります。上塗り工程の際にムラが出ないようにするための一手間です。
    お客様から見えない部分かもしれませんが、見えない部分こそ、耐久性にひびいてくる部分です。

  • こだわり

    上塗りは最低二回以上塗布!

    最終段階となる上塗りですが、何度も厚塗りすればいいというものではありません。塗想壱番屋では二回塗りが原則です。これを基準として、素地の劣化具合や日当たり、周辺の環境なども考慮して、部分的に塗布回数をご提案させて頂くこともあります。

  • こだわり

    ついでにここも塗らせて頂きます!

    外壁や屋根がきれいになると、他のちょっとしたところの劣化が随分と気になってしまうものですよね。お庭の木部であったり玄関先のポールなど、お客様の了承を得て、もう一塗りサービスさせて頂きます。
    ※サービスの範囲は、こちらで決定をさせて頂きます。

  • こだわり

    最初から最後までお客様への見える化を意識!

    最近は、共働きのご家庭も増え、工事中にご不在のご家族も多くなって参りました。そんなご家庭でも安心して任せて頂けるように、職人との連携はもちろん、お客様とも密にご連絡をとらせて頂き、常にお客様の立場に立って見える化を心がけます。

  • こだわり

    手厚い保証&補償体制で万が一の時にも安心!

    お客様への保証は、最長で10年までご用意をさせて頂いております。保証年数は、塗料の種類によって異なります。また、万が一の事故に備え、弊社独自の施工保険にも加入しており、ご安心してお任せ頂けます。

  • こだわり

    来た時よりも美しく去る!

    どこでもよく聞くフレーズ、あたりまえのことですが、このあたりまえがなかなか出来ていない現場をよく目にします。清掃美化、整理整頓で気持ち良く、美しい仕事が自慢です。

  • こだわり

    末永いおつきあいが楽しみです!

    塗装やリフォームなどお住まいに携わる工事というのは、工事完了でハイおしまい!ではいけません。完了後しばらく経過して、ようやくその工事の価値というものが本当に分かって頂けるものと考えております。アフターフォローこそお店の真価なり!何かお困り事があればすぐに駆けつけます。
    工事完了後も、末永く、良いお付き合いが出来ます事をスタッフ一同楽しみに致しております。

セーフティーライフのプラスなこだわり

下地形成こそ塗装の肝

塗料は、一種類だけをベタっと塗れば良い…というものではありません。そのあたりは、既にもうほとんどの方がご存知のことでしょう。
しっかりとした下地形成を施さないと、いくら最高級の塗料を塗ったとしても、全てが水の泡です。お化粧と同じだと思ってください。全ては下地で決まる!とよく言いますよね。
塗想壱番屋では、この下地形成こそが、全塗装工程の「肝」と考えております。

シーリングの重要性

シーリング(コーキング)は、建物の構造上どうしても発生してしまう隙間を埋める作業のことで、劣化で傷んでいたり、しっかりとした工事がなされていないと、隙間から水分が入り込み外壁内部へ浸透し、水漏れ・雨漏りがしやすくなっています。
日本は台風や梅雨などの影響もあり、雨や雪に対する環境は世界的にも過酷な地域と言われています。外壁塗装工程の中でも、我々が重要視している工程の一つとなります。

  • シーリングの様子
  • シーリングの様子
  • シーリングの様子
  • シーリングの様子
  • シーリングの様子
  • シーリングの様子

塗る前の一手間を惜しまず状況に応じた対応を施します。下地形成がしっかりできてこそ、後々の塗布の美しい仕上がりや、塗料の耐久性が期待できるのです。

塗料の耐久性との相性

塗料の耐久性と合っていますか?

外壁はまだまだきれいなのに、シーリングだけがボロボロ・・・なんて状態は不本意です。
外壁屋根・シーリングが同時期まで美しく維持されるよう、次回メンテナンス時期まで見越してご提案を致します。

塗料とシーリングの相性の図表シーリング材は塗料とのバランスが大切です。

サイディングは二面接着を

そのシーリング施工は正しいですか?

建物は、呼吸をしています。パッと見ではわかりませんが、絶えず伸縮を繰り返しています。その呼吸を塞がないよう、動きを妨げないよう、シーリングは二面接着を施します。二面接着により、動きに追従するようになりシーリングが切れてしまったりといったトラブルを防ぎます。

ボンドブレーカー使用により二面接着されて正しい状態の図表ボンドブレーカーを使用せず三面接着になっており正しくない状態の図表

※1・・・サイディング同士の組み合わせにはジョイナーが使用されます。ジョイナーに直接シーリング剤が接着することはNGです。これを防ぐために、ボンドブレーカーをジョイナーに接着します。これにより壁面に対して二面接着となり、動きや振動、呼吸に追従できるようになるのです。

塗想壱番屋のおすすめシーリング材

  • オートンサイディングシーラント

    オートンサイディングシーラント
    サイディングパネル専用に開発されたネオウレタン系シーリング材で、オート科学の独自の原料配合技術により、従来のポリウレタンシーリング剤よりはもちろんのこと、変性シリコンシーリングよりも耐久性、耐候性ともに優れたシーリング材です。
  • オートンイクシード15+

    オートンイクシード15+
    特殊高耐久ポリマー「LSポリマー」を配合することにより、耐久性を上げた次世代型のシーリング材です。その特徴は、長期に渡り、柔軟性を保持するところにあります。これに加え、圧倒的な接着力と耐候力で、長期間建物を紫外線・雨水から護ります。

シーリング材の主成分

成分 特徴
シリコン系 紫外線に強く、耐久性に優れ、乾燥が速い。塗料は弾いてしまうため、上塗りは出来ない。
ガラス廻りに適している。動きの多い部分には適さない。
ネオウレタン系 可塑剤に頼らない原料配合技術によって開発された特殊ウレタンポリマーにより、優れた耐久性、耐候性をする。
(※可塑性:シーリング材に柔軟性を与えるために入れられる成分だが、耐久性や耐候性など基本性能を低下させる原因にもなる。)
変成シリコン系 紫外線による劣化が少ない。塗料の上塗りが出来る。
ガラス廻りには使用できない。
ウレタン系 耐久性及び、塗膜との密着性には優れているが、紫外線に弱く汚れやすい。
塗料を上にのせる場合に使用される。
ポリサルファイド系 耐久性、弾力性がある。塗料を上にのせると変色や密着不足があるため、塗料にはあまり適さない。
タイルや石材の目地に適している。

PAGE TOP